外壁下地防火材、ダイライトをハイベストウッドへ変更?

Pocket

外壁材を張る前に、下地となる防火仕様のハイベストウッドが取り付けられました!

NODA ハイベストウッド

木材の繊維を熱などを使い圧縮して作ってあり、耐震強度が建築用合板の倍以上

あるようです!

元々の設計図では、ダイライトが使用される設計でした。

火山性ガラス質複層板と言い、軽くて燃えない素材なんだそうです!!

現場で確認したらダイライトからハイベストウッドに変更されており、何の連絡も

無いので少しイラッとしましたが、調べてみるとハイベストウッドの方が高性能っぽい

では有りませんか!!

シロアリにはダイライトより弱そうですが、そのほかは耐震も防火も良さそうなので

良しとしましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする