雨が降っても大丈夫? 屋根に使う防水シートの性能は?

Pocket

棟上げも無事終わり、2階と3階にも床基礎の合板も張られていき、

どんどん建築が進んでいきますが、沖縄は梅雨入りしたようですね!!

例年より少し早め、なぜか奄美地方が1日早い梅雨入り・・・

なんでやねん(+o+)って突っ込みたくなってしまいますが、とうとう雨期がやってきてしまい

ました(>_<)

雨キライなんですよ、特に湿度が高いとカビ生えるし、ジメジメするし・・・

木造住宅の我が家には建設中には大敵の雨でございます!

今回は、屋根に使った防水シートのお話です。

屋根のトップはガルバニュームで仕上げですが、下地は合板の板です。

雨の侵入は、有ってはならぬ場所!!

ガルバと合板の間に入るのが防水シートです。

エコタックの商品名ですが、屋根の防水下地に使用する良品の様です!(^^)!

屋根の低い方から少しかぶせて上の方に張っていきます。

屋根の職人さんが二人で施工してくれました!(^^)!

この上にガルバを張るのですが、ガルバの固定にはビスを使います。

ビスを使うと、防水シートに穴が開くやん!!

って思いますが、エコタックのすごい所は、裏地のタールのような物がビルに絡みつき、

ビス打ちと同時にシールしてくれるすぐれ物なんだとか!!

職人さんが実際見せてくれましたが、ピンボケで肝心のビスが見えない・・・(-_-;)

打ち込んだ先が黒くなっているのが少し解ると思います。

この先、何十年か屋根を守ってくれるんですね!!

宜しくお願いします!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする